WA SIGキャリースコーピオン/ウェポンライト 1/26(木)発売予定

ニュース

WAからSIG1911シリーズの最新モデル、「キャリースコーピオン」が1/26(木)に発売されるそうです。

「キャリースコーピオン」はSIG1911シリーズ独自の角張ったスライドを携帯しやすいコマンダーサーズに切り詰め、レイル付きフレームとともに全体を全体をフラットダークアースコーティングを施しているのが特徴です。

「GUN Professional 2017年1月号でも」紹介されたばかりで、マンネリ化しつつある1911クローンの中でもひときわ異彩を放ったデザインです。

アンビセフティや延長されたG10グリップのマグウェル部分など、ローコスト化によって再現されていない部分も見受けられますが、フラットトリガーやディンプルパターンのメインSPハウジングなどはしっかり再現されています。

他にも新型のシアー&ディスコネクターというのも気になるところです。

シュアファイアタイプのウェポンライトとのセット販売となりますが、個人的にはライトを無くした分価格を下げて欲しかったところです。レースカスタムやCQBカスタムで食傷気味でしたが、久々の量産型1911のモデルアップは素直に歓迎ですね。

元の記事はこちら

【予約】WA【SIG】キャリースコーピオン/ウエポンライト

SIGの最新キャリーカスタムが、ウエポンライト標準装備で堂々登場!

シグザウエル最大のヒットモデルP226系のデザインを受継いだ直線的なフォルムが人気のSIG1911。
このたびウエスタンアームズでは、最新シリーズ"スコーピオン"よりスライド長を短くし携行性を高めた"キャリースコーピオン"を機械加工を駆使し、再現いたしました。
ウエポンライト標準装備のデラックス仕様で堂々登場です

フレーム前方に取付けられた20mm幅のライトレールにしっかりと取付けられたウエポンライトは、圧倒的な明るさを発揮する高輝度LED搭載タイプ。CQB(近接戦闘)や索敵など、様々なシーンで効果的にご利用頂けます。

ライト後方に設けられたスイッチにより、銃を構えた状態でも容易に操作が行えます。本体上部のレバーラッチにより、ワンタッチで取付け/取外し可能です。

いわゆるコマンダーサイズに切りつめられたスライドは、文字通りフルサイズスライドからの加工によって製作されました。彫込まれたコッキングセレーションや刻印など加工によって再現されたディティールが実にシャープでリアルな仕上がりです。

その他、メインスプリングハウジングをはじめ、アンビセフティ/グリップセフティ/リアサイト/マグウェル/トリガーに至るまで全てのパーツ類に手が加えられたスーパーハイグレードカスタムモデルです。

もちろん、心臓部はマグナブローバック:S.C.W.ハイスペック Ver.3!他の追随を許さない再現性・作動性・信頼性は抜群です。
・新型固定式ホップアップバレル:より素直で正確な弾道を実現!
・トランスファーハンマー ver.3:確実性・信頼性の向上!
・新型シアー&ディスコネクター:トリガーのキレを向上&高速作動対応!
従来のシステムの良さを継承し、さらなる高見へと進んだマグナブローバックを最先端のカスタムモデルで体感してください!

●全 長:約210mm(ライト含)
●銃身長:約86mm
●重 量:約1,030g(ライト含)
●装弾数:23+1発
●S.C.W.ハイスペック・バージョン3
●6.03mm精密NEW固定HOPバレル搭載
●Rタイプ・マガジン
●HW樹脂製スライド&フレーム タン・カラー焼付塗装仕上げ

1月26日(木)発売予定!ご予約受付中!

税込販売価格 50,760円

WA/GUNNET(SIGキャリースコーピオン/ウェポンライト)のページはこちら