ハドソン MADMAX
Old Toy Gun Reports No,08

ギャラリー

既に製造されていない懐かしのモデルガンを中心に取りあげる「Old Toy Gun Reports 」第6弾は「ハドソン MADMAX」を紹介します。

ハドソン MADMAXシリーズの簡単な説明

DSC00200-wm

1983年7月に発売されたハドソン MADMAXは、79年に公開された映画「MADMAX」に登場するソウドオフショットガンをイメージしたモデルでハドソン初のABSモデルガンでした。

改めて見ると、ABSパーツはバレルとボックスフレームの2つのみで、パーツ自体が大型で肉厚も持たせることが可能なことから、ABS成形で無理な冒険はしないで、作りやすさを前提に企画されたように思われます。

DSC00221-wm

当時ショットガンのモデルガンとしては,MGCのM31(後にABS製の31RS2)、M97(生産中止)に続く3機種目で、MGCの2機種がポンプアクションなのに対して初の水平2連ショットガンだったことと、映画MADMAXの人気から、発売当初から注目されていました。

MADMAXバリエS-wm

バリエーションとしてはスタンダードのブラックモデルの他にメッキモデルがあり、それぞれにプラストックモデルとチェッカリング木製ストックモデルの組み合わせの4タイプが発売されていました。

さらに84年のキットモデル発売時にオイルストック仕上げの木製ストックモデルが追加され完成品6タイプ+キットモデル2タイプになりました(この時点で価格が大幅に値下げされました)。

DOUBLEBARREL-wm

派生型としてロングバレルと通常ストックを組み合わせたダブルバレル ショットガンが発売されています。後にMADMAX、ダブルバレルショットガンともに蓄圧式シェルを使用したガスガンも発売されていますが、モデルガンとは併売されていたように記憶しています。

ハドソンが2009年末にトイガン関連事業を廃業後、モデルガンの金型はCAWが入手して2014年末に再販されています。

ハドソン MADMAX スタンダード オイル仕上げ木製ストック付きモデル

DSC01463_2-wm

スタンダードモデルとはABS地のままの仕上げという意味で、メタルモデルに対しての名称。デラックスモデルが無いのでABSモデルとか、ブラックモデルの方が解りやすいでしょうね。

MADMAX OLD PACK-S-wm
(映画MADMAXをイメージしたイラスト)

DSC00190-wm
(後期パッケージ)

発売当初のパッケージは映画MADMAXをイメージしたイラストを使用したキャラメル型パッケージが使用されていましたが、後期は黒地にMADMAXの文字が入った上蓋型のシンプルなものになりました(文字のみでもう一種類別のデザインがあったように記憶していますが未確認です)。

DSC00198-wm

パッケージ内は発泡ストロール製で、銃本体とカート2発分のスペースが成形されたもの。サイズ自体はプラストック前提で作られているので、グリップ部分が長い木製ストックの場合は、メーカーサイドでグリップ下部の発泡スチロールがカットされていました。

DSC01472-wm

フレーム左側には菱形の中に「HUDSON COMBAT SHOTGUN 12GA BLANK」と刻印されています。参考にしたモデルはあったにせよ、ハドソンオリジナルのショットガンであることを物語る刻印です

DSC01475-wm

フレーム右側には「SPG EUROPEAN TYP BOX LOCK」と刻印されています。ボックスロックとはハンマー内蔵型水平2連散弾銃のフレームの形式で、ハドソンのフレームのように箱型になっているものを指します。

ヨーロピアンタイプの意味は不明ですが、ベースとしたショットガンがヨーロッパ製だったのでしょうか。

DSC00218-wm

操作はストック基部上部のトップレバーを右に回してバレルを折ることで、ハンマーをコッキングします。その際自動的にエジェクターがシェルを引き出しますが、エジェクト距離は僅かで、シェルを掴みやすくする程度です。

本来はハンマーをコックしてバレルを戻したときに、トップレバーは自動で戻りバレルとフレームをロックするのですが、ハドソンのモデルガンではその機構を省略しています。

CAWの再販版ではトップレバーに常にスプリングテンションがかかる用に変更されていますが、バレルがブレークオープンした状態でもトップレバーが勝手に戻ってしまうので、微妙な改良です。

DSC00224-wm

トップレバーの後方にあるのがセフティで、前方にスライドさせてON、後方にスライドさせてOFFになります。セフティをONした状態(画像参照)ではネジの前方に大きなヒケが出てしまう欠点があります(何故かメッキモデルではヒケが修正されています)。

DSC00394-wm

オイル仕上げの木製グリップはキットモデル発売後の84年以降のもので、大半の木製ストックはこの仕様だったと思います。木製ストック自体はプラストックのものより長さで16mm程長くなっているので、高級感だけでなく見た目的にもスマートになっています。

DSC01506-wm
(オリジナルのトリガー位置:右トリガーが後方)

DSC01505_2-wm
(入れ替えたトリガー位置:右トリガーが前方)

トリガーの位置ですが、水平2連銃の場合は初矢(最初に発射する)のバレルは一般的には右側なので、両引きのトリガーの場合は右トリガーが前方になっているのが正しいと思いますが、何故かハドソン製では逆になっています。

トリガーの左右入れ替えはパーツを入れ替えるだけで簡単に直せるのに、最後までこのままでした(CAWの再販版でも同じ)。モデルガンの場合はどちらのバレルが先に発射しても関係ないので、大した問題ではありませんが気になる箇所ではあります。

DSC00402-wm

DSC00213-wm

フォアストックもプレーンなオイル仕上げで、形状的には一作目の映画MADMAXに近いようです。ストック下面にはフォアエンドラッチがあり、ラッチを起こして分解することができます。

DSC00172-wm

DSC00169-wm

フォアグリップを外した後、トップレバーを操作してバレルを折れば、フレームからバレルを外せます。このワンタッチの分解が楽しくて意味なく分解してしまいます。発火を除けばMADMAX最大のギミックでしょう。

DSC01478-wm

3つに分解したパーツは非常にコンパクト。ソウドオフショットガン自体がイリーガルな雰囲気を感じさせるものですが、分解するとイメージがさらに強まりますね。

再販されたCAWのMADMAXでは改造防止策?のため、このギミックは再現されていません(分解自体がほぼできなくなっています)ので、ハドソン製のみの楽しみになります。

DSC00383_2-wm

バレルを上から見るとチャンバー側からテーパーがかかっていますが、銃口に近づくにつれ逆テーパーがかかっているのが気になります。実際には微妙な違いだと思いますが目で見るとはっきり分かります。

DSC00232-wm

チャンバー内には3本の前撃針が付いていて、キャップ3個を同時に発火させるようになっています。実際にはチャンバー内の抵抗やハンマーSPの設定などで3発同時発火は希だったようですが、発火すればかなりの大音量だったでしょうね。

DSC01483-wm

シェルのサイズはMGCと異なり、ほぼ実弾の12ゲージのサイズと同じに作られていました。シェル前部には3つのキャップ火薬を入れる穴があり、それぞれのしきり部分にある突起が前撃針とキャップ火薬の位置を正対させる機能を持っていました。

リム部はダイキャスト製で「HUDSON No12 BLANK」の刻印が入っていました。

 

ハドソン MADMAX メタル チェッカー入り木製ストック付きモデル

DSC00247-wm

メタルモデルはスタンダードモデルの発売後に加わったバリエーションで、当時各社が販売していたメタル仕上げに追従したものと思われます。

ハドソンの場合は最期まで全製品にメタルブラックモデルはなく、シルバーメッキのみの展開だったので、MADMAXもシルバーメッキモデルのみでした。

DSC00250-wm

メッキ部分はバレルとフレームのABSパーツ部分のみで、他の金属パーツは黒染めのままでした。刻印等もスタンダードモデルと同じでした。

DSC00290_2-wm

メッキモデルの特徴として、銃口部にソウドオフの加工跡が付けられています。ABSモデルにも同じような痕跡はありますが、ここまではっきりしていないので単なる成形時のキズのようです。

DSC00258-wm

DSC00256-wm

木製ストックのチェッカリングはグリップ&フォアエンドに入っています。当時のものとしては潰れも無くかなり綺麗に刻まれています。ストックの仕上げはウレタンぽいもので、高級感があります。

ハドソンがMADMAX発売当時の木製ストックはこのタイプのみで、当初は別売もされていました。オイル仕上げストック発売後も暫くは併売されていましたが、在庫が無くなった段階で木製ストックはオイル仕上げに一本化されたようです。

純正アクセサリー

専用ホルスター

DSC00311-wm

DSC00319-wm

本体発売とほぼ同時に革製の専用ホルスターが発売されています。ベルトはシェル4発収納できるものでサイズはウェスト85cmぐらいまで。

映画のイメージを上手く再現したものとなっています。後にナイロン製のホルスター(ベルト無し)も廉価で発売されました。

ショットシェル

DSC00294-wm

ショットシェルはMGCと同様グリーンとレッドの2色が生産されて、それぞれ6発入りで別売されていました。

ハドソン MADMAX 宣材等資料

MADMAX OMOTE-S-wm

MADMAX URA-S-wm
MADMAX取説 変形B3サイズ 4/1C

MADMAX1P S-wm

MADMAX2P S-wm

MADMAX3P S-wm

ハドソン モデルガンカタログ14〜16P(1984年頃 A5サイズ4/4C 44P)

MADMAX 198310 MC-S-wm
月刊モデルガンチャレンジャー 1983年10月号 掲出広告

1983年発売当時の販売価格

DSC01488_2-wm

スタンダードモデル(プラストック) 15,000円
スタンダードモデル(チェッカー入り木製ストック)23,000円
メタルモデル(プラストック) 18,000円
メタルモデル(チェッカー入り木製ストック) 26,000円
専用革製ホルスター 7,000円
チェッカー入り木製ストック・セット 8,000円
備ショットシェル(6発) 1,500円

1984年3月以降の販売価格

スタンダードモデル(プラストック) 11,800円
スタンダードモデル(オイル仕上げストック) 16,000円
スタンダードモデル(チェッカー入り木製ストック)19,000円
メタルモデル(プラストック) 14,800円
メタルモデル(オイル仕上げ木製ストック) 19,000円
メタルモデル(チェッカー入り木製ストック) 22,000円
専用革製ホルスター 7,000円
チェッカー入り木製ストック・セット 8,700円
予備ショットシェル(6発) 1,500円

キットモデル
スタンダードモデル(プラストック) 9,800円
メタルモデル(プラストック) 12,800円

参考資料
月刊モデルガン チャレンジャー1983年11月号
月刊GUN 1983年9月号