第77回 ビクトリーショーに行ってきたw

REPORTS, ニュース

3月29日(日)に浜松町都立貿易センターで開催された「第76回 ビクトリーショー」に行ってきました。

150705Vショータイトル

前回に引き続き4・5階の会場の2フロア構成ながら、相変わらずの入場者数の多さに圧倒されました。
今回も気になったトイガン関連をピックアップしてご紹介します。

DSC00039

最初は入り口近くの「東京マルイ」さんのコーナー。静岡ホビーショーで発表された「AA−12」が展示されていました。今回は作動モデルの持込はありませんでしたが、この夏の発売は変わらないようです。もしかすると「M4A1 MWS GBB」よりもこちらが早くなりそうな雰囲気も。電動ドラムマガジンともに期待が高まります。

DSC00048

販売が待たれる「M4A1 MWS GBB」も空撃ちながら試射ができました。特筆すべきはマガジンが冷えている状態でも30発程度はフルで撃ちきれたことですね。後発だけに作動性は一番かもしれません。当初は今更感のあるモデルアップだったので興味が薄かったんですけど、この作動性を見たらかなり欲しくなりました。

DSC00045

冷えにも強いマガジンはアルミの一体型。マルイ製だからガス漏れの心配が無いのは勿論ですが、重量が500g時計量なのが魅力。30発フル装弾の実銃マガジンと、ほぼ同じ重量なんだそうです。

本体共に価格は未定とのことですが競合モデルよりも安価になりそうなので、こちらも期待ですね。

次は「MULE」さんのコーナーです。出展が「CAW」から「MULE」に変わって特売品が減ったのが残念ですけど(ネット直販の方がプラスαがある分お買い得感が高いので)、その分新製品紹介に力が入っています。

DSC00064

完成間近の「チャーターアームズ ブルドッグ44」もグリップスクリュー無しの状態ですが完成品がお目見え。なんでもグリップスクリューやカートリッジの生産が遅れたため、箱詰めがストップしているんだそうです。それでも今月中に販売できるとのこと。MULE直販分は残り僅かなようなので、プラスαを期待するなら早めに手を打つ必要がありそうです。

先に生産した「高木式ブラスター」の内部パーツの寸法を修正して作動性をアップさせているので、ブラスター用に内部パーツだけの販売も検討されてるようです。こういうのは凄く嬉しいですね。

DSC00051

「ワルサー PPK」の追加販売分16丁用に用意されたオプション刻印のサンプルもありました。マニアックになりすぎの感もありますが、やっぱり気になりますね。他にも刻印メニューがあるようなので選ぶのが大変そうです。

DSC00058

生産が遅れている「ハドソン M1A1 リバイバル」の展示が無かったのは残念ですが、代わりにMGCのトンプソンのフレームにリアル刻印を加工したテストフレームがありました。

フレームの金型改修してフラットな両サイドに刻印を入れてリバイバルするそうですが、レーザー刻印が深くしっかり入っているのには驚きました。この辺は直に見ないと分からない部分ですね。

DSC00062

バレルを修正したりして弄るところが多いので製品化は来年になる見込みなんだそうですが、検討中だという上下フレームのリアルな結合に向けた金型修正が可能かどうかを含めて、関心度が高いモデルです。

DSC00071

「ショウエイ」さんのコーナーでは再生産予定の「FG42 type1」の予約受付をしていました。再生産されたマガジンの側も展示されていて進捗具合が窺えました。大戦中のドイツ軍小火器にはいつになっても惹かれますね。

DSC00073

「type1」の後は「type2」の再生産予定もあるそうなので、そちらも実現化して欲しいですね。予定は無いみたいだけど輸出がし易い間に「G43」の再生産もやって欲しいです。

今回最もインパクトがあったのが「がんくつ王」さんのブースにあった「ブローニング M1922」のモックアップです。

ユーゴースラビア軍の要望を取り入れてM1910をベースにスライドとグリップを延長した、ミリタリーモデルと言われています。M1910のストーリーには必ず出てくるモデルですね。

DSC00066

過去にカスタムモデルはありましたが、製品化されるのは初めてだと思います。ダミーカート仕様の無発火モデルとして開発中だそうです。前作マカロフのデキも良かっただけに、今回も期待できそうです。

DSC00069

こちらも会場で予約を受け付けていましたダミーカート9発付で、予価38,000円だそうです。

写真を撮るのを忘れましたが、「ハートフォード」さんのブースには再販されたばかりの「リバレーター」や「スタールリボルバー 壬申モデル」等が販売されていました。

気になる「モーゼル HSC」は年内発売を目処に動いているそうなので、計画通りに進むよう祈るばかりです。

DSC00074

最後は「サムズミリタリ屋」さんのブースにあった「88mm砲の砲弾レプリカ」です。こういうのもダミーカートって言うんですかね。なんでもイタリア製で博物館などの展示用なのだとか。物欲的にはそそられますが、置く場所に困りそうですw

今回はあまりの人の多さに早々に撤退してしまいましたが、それなりに戦利品も入手できたし次回も行かないとダメそうですねw